2.9. デスクトップ

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 6 と Red Hat Enterprise Linux 7 との間でなされたサポート対象のデスクトップユーザー環境の変更概要について説明しています。
このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 7 での新デスクトップ環境でユーザーが予期する主な変更点のみ説明されています。詳細情報については、『Red Hat Enterprise Linux 7 Desktop Migration and Administration Guide』 を参照してください。こちらから入手できます http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/

2.9.1. 新たなデフォルトのデスクトップ環境 (GNOME Classic)

GNOME Classic は、Red Hat Enterprise Linux 7 の GNOME 3 デスクトップ環境のデフォルトセッションです。この環境は GNOME 3 デスクトップ環境への拡張セットとして提供されており、慣れ親しんだ GNOME 2 のルックアンドフィールを維持している一方で、強力な新機能が含まれています。
GNOME Classic のユーザーインターフェイスは 2 つの主要コンポーネントで構成されています。
トップバー
画面最上部にあるこのバーは、アプリケーション場所 メニューを表示します。
アプリケーション メニューからは、ユーザーはシステム上のアプリケーションにアクセスできます。これは、メニュー上でいくつものカテゴリーに分けられています。このメニューからは新しい アクティビティ画面 にもアクセスでき、ここでは開いているウィンドウ、ワークスペース、メッセージ、システム通知を簡単に見ることができます。
場所 メニューはトップバー上で アプリケーション メニューの隣にあります。ここからは、ダウンロード画像 などの重要なフォルダにすばやくアクセスできます。
タスクバー
タスクバーは画面の一番下に表示され、ウィンドウ一覧や通知アイコン、現在のワークスペースのショート ID、および利用可能なワークスペースの合計数を表示します。
GNOME Classic とその機能の完全ガイドおよび Red Hat Enterprise Linux 7 で利用可能な他のデスクトップ環境については、『Red Hat Enterprise Linux 7 Desktop Migration and Administration Guide』 を参照してください。こちらから入手できます http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/

2.9.2. 新デスクトップ環境 (GNOME 3)

Red Hat Enterprise Linux 7 では、GNOME 3 デスクトップ環境の GNOME 3 セッションもサポートしています。この環境は、使いやすく、ユーザーの生産性を高める設計になっています。オンラインドキュメントストレージサービス、カレンダー、連絡先とのすぐれた統合機能を提供しているので、いつも最新情報にアクセスできます。
GNOME 3 のユーザーインターフェイスは 3 つの主要コンポーネントで構成されています。
トップバー
画面最上部にあるこの水平のバーからは、アクティビティ画面 や時計、カレンダー、システムステータスアイコン、およびシステムメニューなど、GNOME Shell の基本的な機能にアクセスできます。
アクティビティ画面
アクティビティ画面 では、開いているウィンドウやワークスペース、メッセージ、システム通知を簡単に見ることができます。検索バーは、ファイルをみつけたり、アプリケーションを起動したり、設定ツールを開く最も簡単な方法です。左側のダッシュにはお好みのアプリケーションが表示されるので、よく使うツールにすばやくアクセスすることができます。
メッセージトレイ
メッセージトレイは、画面の一番下の水平バーとして表示されます。保留中の通知を表示するので、常にシステムに何が起きているのかが分かります。
GNOME 3 とその機能の完全ガイドおよび Red Hat Enterprise Linux 7 で利用可能な他のデスクトップ環境については、『Red Hat Enterprise Linux 7 Desktop Migration and Administration Guide』 を参照してください。こちらから入手できます http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/

2.9.3. KDE Plasma ワークスペース (KDE)

Red Hat Enterprise Linux 7 は、KDE Plasma ワークスペース (KDE) バージョン 4.10 を提供しています。これは、以前は K デスクトップ環境と呼ばれていました。KDE のこの更新バージョンには、以下のものを含む多くの機能強化が含まれています。
  • 洗練された一貫性のあるルックアンドフィールのデフォルトの Oxygen スタイル。
  • パネルに進行状況が視覚的に表示される更新版通知システム (スピードグラフを伴う移動かつ閉鎖可能な通知)。
  • ワークスペース設定が システム設定 で可能。
  • アクティビティマネジャー がアクティビティを追加、削除、保存、復元でき、アクティビティ間でスイッチする機能を提供します。
  • コアおよびユーザーインターフェース要素が最適化され、パフォーマンスが向上します。
  • シンプルなユーザーインターフェースと容易なプロファイルスイッチングのある適応型電源管理。
  • プリンター設定を簡素化し、正確な印刷ステータスをすばやく提供する新しい Print Manager
  • ナビゲーションボタンやタブブラウズが可能で、メタデータ処理が改善された更新版 Dolphin File Manager
  • タブ、ウィンドウコントロール、および相互運用性が改善された更新版端末エミュレーター (Konsole)。
  • 新たなディスプレイマネジャーの KScreen。これは、解像度や相対的位置を含むディスプレイ設定を自動的に記憶し、復元できるものです。
  • 新アプレットの Plasma Network Manager は、ネットワーク制御とネットワーク接続設定を容易にします。
ただし、Kmail は Red Hat Enterprise Linux 7 に含まれていないことに注意してください。