3.3. 非推奨パッケージ

このセクションで挙げられているパッケージは、Red Hat Enterprise Linux 7 では非推奨とみなされています。これらのパッケージは依然として機能し、サポートされますが、Red Hat ではその使用を推奨していません。

表3.2 非推奨パッケージ

機能/パッケージ
代替
移行における注意
ext2 ファイルシステムのサポート
ext3、ext4
ext4 を ext2 および ext3 ファイルシステムに使用できます。
sblim-sfcb
tog-pegasus
 
レガシーの RHN がホストする登録
subscription-manager および Subscription Asset Manager
 
acpid
systemd
 
evolution-mapi
evolution-ews
Microsoft Exchange Server 2003 マシンからの移行を行なってください。
gtkhtml3
webkitgtk3
 
sendmail
postfix
 
edac-utils および mcelog
rasdaemon
 
libcgroup
systemd
cgutils は引き続き Red Hat Enterprise Linux 7.0 に残りますが、systemd は今後のリリースでお客様が移行できるように機能進化させています。
lvm1
lvm2
 
lvm2mirror および cmirror
lvm2 raid1