2.8. クラスタリングと高可用性

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 6 と Red Hat Enterprise Linux 7 との間でなされたクラスタリングおよび高可用性の変更の概要について説明しています。

2.8.1. Luci 置換制限 (pcs)

Red Hat Enterprise Linux 6 では、luci は Red Hat Enterprise Linux 5 と Red Hat Enterprise Linux 6 の両方の高可用性クラスターを制御していました。
Red Hat Enterprise Linux 7 では luci が削除され、pcs で置き換えられています。pcs が制御できるのは Red Hat Enterprise Linux 7 pacemaker ベースのクラスターのみで、Red Hat Enterprise Linux 6 rgmanager ベースの高可用性クラスターは制御できません。

2.8.2. Piranha に代わる Keepalived

Red Hat Enterprise Linux 7 用のロードバランサーアドオンには、keepalived が含まれます。これは、piranha で利用可能な機能と追加機能の両方を提供します。このため piranha は Red Hat Enterprise Linux 7 では keepalived サービスに置き換えられました。
その結果、設定ファイルとそのフォーマットが変更されています。keepalived はデフォルトで /etc/keepalived/keepalived.conf ファイルで設定されます。このファイルで使用する設定フォーマットおよび構文の詳細は、keepalive.conf の man ページに記載してあります。
$ man keepalived.conf

2.8.3. オンライン移行の制限

Red Hat Enterprise Linux 6 から Red Hat Enterprise Linux 7 へのオンライン移行は、クラスターについてはサポート対象外となっています。
また、Red Hat Enterprise Linux 6 高可用性スタックは Red Hat Enterprise Linux 7 高可用性スタックと互換性がないことから、Red Hat Enterprise Linux 6 から Red Hat Enterprise Linux 7 高可用性クラスターへのオンライン移行はサポートされていません。

2.8.4. 新リソースマネジャー (Pacemaker)

Red Hat Enterprise Linux 7 では、rgmanagercmanpacemakercorosync で置き換えられています。
Pacemaker は、多くの便利な機能を持つ高可用性リソースマネジャーです。
  • マシンおよびアプリケーションレベルの障害を検出して回復。
  • 多くの冗長設定をサポート。
  • 定足数およびリソース駆動型クラスターをサポート。
  • クォーラムが失われる場合の処理に対する設定可能な戦略 (複数マシンの失敗時)。
  • アプリケーションがどのマシンにあるかに関わらず、アプリケーションのスタートアップおよびシャットダウンの順位付けの指定をサポート。
  • アプリケーションが同一マシンで稼働する必要があるかないかについての指定をサポート。
  • アプリケーションを複数マシン上でアクティブにすることの指定をサポート。
  • マスターやスレーブのようなアプリケーションの複数モードをサポート。
  • どの失敗やクラスター状態にも立証可能な正しい反応。
  • 状況が発生する前に、その状況に対する反応がオフラインでテスト可能。
Pacemaker についての詳細情報は、Red Hat Enterprise Linux 7 High Availability Add-On ドキュメンテーションを参照してください。こちらから入手できます http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/

2.8.5. 新機能: リソースエージェント

Red Hat Enterprise Linux 7 では、クラスターリソースを抽出し、クラスター環境でリソースを管理する標準インターフェイスを提供するリソースエージェントが導入されています。Red Hat Enterprise Linux 7 で利用可能なリソースエージェントについての詳細情報は、Red Hat Enterprise Linux 7 High Availability Add-On ドキュメンテーションを参照してください。こちらから入手できます http://access.redhat.com/site/documentation/Red_Hat_Enterprise_Linux/

2.8.6. quorum 実装の変更

Red Hat Enterprise Linux 6 に同梱されていた qdiskd は Red Hat Enterprise Linux 7 では削除されました。新たな quorum 実装は votequorum で提供されており、これは corosync パッケージに含まれ、ほとんどのユースケースで qdiskd に代わるように拡張されています。拡張子 (wait_for_allauto_tie_breaker、および last_man_standing) は votequorum.5 man ページで完全に文書化されています。
$ man 5 votequorum