B.2. メモリー自動予約の最小しきい値

一部のシステムではブートローダーの設定ファイルで crashkernel=auto パラメーターを使用したり、グラフィカル設定ユーティリティーで自動割り当ての設定を有効にすると kdump 用のメモリー割り当てを自動的に行わせることができます。ただし、この自動予約が正常に機能するためにはシステムで使用できるメモリーの合計が特定のサイズ必要になります。このサイズはシステムのアーキテクチャーによって異なります。
自動メモリー割り当てのしきい値を以下に示します。システムのメモリーが以下に示すしきい値を下回る場合は手作業でメモリー予約を行う必要があります。
コマンドラインで設定を変更する方法については 「メモリー使用量の設定」 を参照してください。グラフィカルユーザーインターフェースで予約メモリーのサイズを変更する方法については 「メモリー使用量の設定」 を参照してください。

表B.2 自動メモリー予約に必要な最小メモリーサイズ

アーキテクチャー必要なメモリー
AMD64 と Intel 64 (x86_64)2 GB
IBM POWER (ppc64)2 GB
IBM System z (s390x)4 GB