第3章 コアダンプの分析

システムクラッシュの原因を究明するには、GNU Debugger (GDB) と良く似た対話式のプロンプト crash ユーティリティーを使用することができます。稼働中の Linux システムだけでなく netdumpdiskdumpxendumpkdump などで作成したコアダンプなども対話形式で分析することができます。

3.1. crash ユーティリティーのインストール

crash 分析ツールをインストールするには、root でシェルプロンプトから次のコマンドを実行します。
yum install crash
crash に加え、実行中のカーネルに対応する kernel-debuginfo パッケージもインストールしておく必要があります。このパッケージでダンプ分析に必要なデータが提供されます。kernel-debuginfo をインストールするには、root として debuginfo-install を使用します。
debuginfo-install kernel
Red Hat Enterprise Linux に Yum パッケージマネージャーを使って新しいパッケージをインストールする方法については Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド を参照してください。