2.3. インストールソースの準備

1章Red Hat Enterprise Linux のダウンロード で説明されているように、Red Hat Enterprise Linux には最小限の起動用イメージと完全インストール用イメージ (別名: バイナリー DVD) の 2 種類のメディアタイプがあります。バイナリー DVD をダウンロードしてから DVD-ROM または USB ドライブを作成した場合、このメディアにはシステムのインストールに必要なすべてのアイテムが含まれているため、直ちにインストールを開始することができます。
しかし、最小限の起動用イメージを使用してインストールする場合には、インストールソースを別途に設定する必要があります。最小限の起動用イメージには、システムを起動してインストールを開始するために必要なインストールプログラム自体しか含まれておらず、システムにインストールするソフトウェアパッケージは含まれていません。
このため、インストールソースとして完全インストール用の DVD ISO イメージを使用することができます。提供元がRed Hat 以外のソフトウェアを必要とする場合には、追加リポジトリーを設定して インストールの終了後 にインストールを行ってください。インストールが完了したシステムで追加の Yum リポジトリーを設定する方法については、『Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド』を参照してください。
インストールソースは以下のいずれでも構いません。
  • DVD: バイナリー DVD ISO イメージを DVD に書き込み、インストールプログラムにそのディスクからパッケージをインストールするよう指示することができます。
  • ハードドライブ: バイナリー DVD ISO イメージをハードドライブに配置して、そこからパッケージをインストールすることができます。
  • ネットワーク: バイナリー DVD ISO イメージまたは インストールツリー (バイナリー DVD ISO イメージから抽出したコンテンツ) をインストールするシステムからアクセスできるネットワーク上の場所にコピーし、次のプロトコルを使ってネットワーク経由でインストールすることができます。
    • NFS: バイナリー DVD ISO イメージを ネットワークファイルシステム (NFS) 共有に配置します。
    • HTTPSHTTPFTP: ネットワーク上でアクセスできる場所にインストールツリーを配置します (HTTPHTTPSFTP 経由)。
最小限の起動用メディアから起動する場合は、追加のインストールソースを常に設定しておく必要があります。完全インストール用バイナリー DVD から起動する場合は、別のインストールソースを設定することも可能ですが、必要性はありません。バイナリー DVD ISO イメージ自体にシステムのインストールに必要なパッケージがすべて収納されているため、インストールプログラムはバイナリー DVD をソースとして自動的に認識します。
インストールソースは以下のいずれかの方法で指定します。
  • インストールプログラムのグラフィカルインターフェース内で指定する: グラフィカルインストールを開始して言語を選択すると、インストールの概要 が表示されます。インストールソース 画面に移動し、設定したいソースを選択します。詳細については次を参照してください。
  • 起動オプションを使って指定する: インストールプログラムが開始する前に、カスタムの起動オプションを使って指定することができます。以下のいずれかのオプションで使用するインストールソースを指定します。詳細は 「ブートメニューでインストールシステムを設定する」inst.repo= オプションを参照してください。
  • キックスタートファイルを使って指定する: キックスタートファイル内で install コマンドを使ってインストールソースを指定します。install キックスタートコマンドについては 「キックスタートのコマンドとオプション」 をご覧ください。キックスタートを使ったインストール全般については 23章キックスタートを使ったインストール を参照してください。

2.3.1. インストールソース - DVD

バイナリーの DVD ISO イメージを DVD に書き込み、起動は別のドライブから行い (USB フラッシュドライブにある最小限の起動用 ISO で起動)、パッケージのインストールはこのディスクから行うようインストールプログラムを設定することができます。この手順は、起動可能な光学メディアを作成する手順と同じです。詳細は、「インストール CD または DVD の作成」を参照してください。
DVD をインストールソースとして使用する場合、インストールの開始時に DVD がドライブに挿入されていることを確認してください。Anaconda インストールプログラムは、インストール開始後に挿入されるメディアは検出できません。

2.3.2. インストールソース - ハードドライブ

ハードドライブのインストールではバイナリーインストール DVD の ISO イメージを使用します。ハードドライブをインストールソースとして使用する場合は、バイナリー DVD ISO イメージをドライブに転送し、そのハードドライブをインストールするシステムに接続します。このあと、Anaconda インストールプログラムを起動します。
USB フラッシュドライブを含め、インストールプログラムにアクセスできるハードドライブならいずれの種類のハードドライブでも構いません。ハードドライブ内でバイナリー ISO イメージを配置するディレクトリー、またイメージに付ける名前に制限はありません。ただし、ISO イメージをドライブのトップレベルのディレクトリーに配置させたときそのディレクトリーに複数のイメージが存在している場合、またドライブのトップレベルのディレクトリーにはイメージを配置しない場合、使用するイメージを指定する必要があります。起動オプションやキックスタートファイル内のエントリーを使って指定するか、グラフィカルインストールを行っているときに表示される インストールソース の画面で手作業で指定することができます。
インストールソースにハードドライブを使う場合は、Anaconda がマウントできるファイルシステムのパーティション上にバイナリー DVD ISO イメージを配置しなければならないという制限があります。Anaconda がマウントできるファイルシステムは xfsext2ext3ext4 および vfat (FAT32) になります。Microsoft Windows システムでは、ハードドライブのフォーマットに使用されるデフォルトのファイルシステムが NTFS であり、exFAT ファイルシステムでのフォーマットも可能ですが、いずれのファイルシステムも Anaconda ではマウントできません。Microsoft Windows 上でインストールソースとして使用するハードドライブや USBドライブを作成している場合は、必ず FAT32 でドライブをフォーマットするようにしてください。

重要

FAT32 ファイルシステムは、サイズが 4 GiB (4.29 GB) を超えるファイルをサポートしません。Red Hat Enterprise Linux 7 のインストールメディアの中にはこれより大きなものがある場合もあり、その場合、このファイルシステムではそれらのインストールメディアをドライブにコピーすることはできません。
インストールソースにハードドライブや USB フラッシュドライブを使用する場合、インストールを開始する時点でシステムに接続されていることを確認してください。インストール開始後に挿入されたメディアはインストールプログラムでは検出されません。

2.3.3. インストールソース - ネットワーク

インストールソースをネットワーク上に配置することで、物理インストールメディアを挿入したり取り出したりする必要なく、1 つのインストールソースから複数のシステムへのインストールを行うことができるようになります。ネットワークベースのインストールは、特にネットワークからのインストールプログラムの起動も可能な PXE (Preboot Execution Environment) サーバーと併用する場合に便利です。この方法を使用すると、物理的なメディアを一切作成する必要がなくなるため、複数のシステムへの Red Hat Enterprise Linux の同時導入が容易になります。PXE サーバーの設定については、21章ネットワークからのインストールの準備 を参照してください。

2.3.3.1. NFS サーバーにインストールソースを配置

NFS インストール方法では、 Red Hat Enterprise Linux バイナリー DVD の ISO イメージを Network File System サーバーの エクスポートディレクトリー に配置して使用します。このディレクトリーはインストールするシステムで読み取りが可能でなければなりません。NFS ベースのインストールを実行する場合は、NFS ホストとして動作する別のシステムを用意する必要があります。
NFS サーバーの詳細情報は、『Red Hat Enterprise Linux 7 Storage Administration Guide』を参照してください。
以下の手順は基本的な概要のみ説明しています。実際の NFS サーバーの設定手順はシステムのアーキテクチャー、オペレーティングシステム、パッケージマネージャー、サービスマネージャーおよびその他の各要素によって異なります。Red Hat Enterprise Linux 7 システムの場合、手順は記載されている手順と全く同じになります。Red Hat Enterprise Linux の旧リリースでインストールソースを作成する方法については、該当するリリースの 『インストールガイド』 を参照してください。

手順2.4 NFS を使用したインストールの準備

  1. root で以下のコマンドを実行して nfs-utils パッケージをインストールします。
    # yum install nfs-utils
  2. 完全な Red Hat Enterprise Linux 7 バイナリー DVD ISO イメージを NFS サーバー上の適切なディレクトリーにコピーします。たとえば、/rhel7-install/ というディレクトリーを作成し、ここに ISO イメージを保存します。
  3. テキストエディターで /etc/exports ファイルを開き、以下の構文の行を追加します。
    /path/to/exported/directory clients
    /path/to/exported/directory を ISO イメージが格納されているディレクトリーの完全パスで置き換えます。clients は、この NFS サーバーからインストールされるコンピューターのホスト名または IP アドレス、ISO イメージに全コンピューターがアクセスする際にそのアクセス元となるサブネットワーク、またはネットワークアクセスのあるコンピューターが NFS サーバーにアクセスして ISO イメージを使用できるようにする場合はアスタリスク記号 (*) で置き換えます。このフィールドの形式についての詳細情報は、exports(5) の man ページを参照してください。
    以下に、全クライアントに対して /rhel7-install/ ディレクトリーを読み取り専用でアクセスできるようにしている基本的な設定を示します。
    /rhel7-install *
    
  4. 設定が終わったら /etc/exports ファイルを保存してテキストエディターを終了します。
  5. nfs サービスを開始します。
    # systemctl start nfs.service
    /etc/exports ファイルに変更を加える前にサービスを稼働していた場合は、代わりに以下のコマンドを実行して、実行中の NFS サーバーが設定をリロードするようにします。
    # systemctl reload nfs.service
上記の手順を完了すると、NFS 経由による ISO イメージへのアクセスが可能になり、インストールソースとして使用できるようになります。
インストール前またはインストール中にインストールソースを設定する場合は、nfs: プロトコル、サーバーのホスト名または IP アドレス、コロン記号 (:)、および ISO イメージを格納しているディレクトリーを使用します。たとえば、サーバーのホスト名が myserver.example.com で ISO イメージを /rhel7-install/ に保存している場合、インストールソースを nfs:myserver.example.com:/rhel7-install/ と指定します。

2.3.3.2. HTTPS、HTTP または FTP サーバーにインストールソースを配置

このインストール方法は、インストールツリー (有効な .treeinfo ファイルとバイナリー DVD ISO イメージから抽出したコンテンツを含むディレクトリー) を使用する、ネットワークベースのインストールに使用できます。インストールソースには HTTPSHTTPFTP などを使ってアクセスします。
HTTP および FTP サーバーについての詳細情報は、『Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド』を参照してください。
以下の手順は基本的な概要のみ説明しています。実際の FTP サーバーの設定手順はシステムのアーキテクチャー、オペレーティングシステム、パッケージマネージャー、サービスマネージャーおよびその他の各要素によって異なります。Red Hat Enterprise Linux 7 システムの場合、手順は記載されている手順と全く同じになります。Red Hat Enterprise Linux の旧リリースでインストールソースを作成する方法については、該当するリリースの 『インストールガイド』 を参照してください。

手順2.5 HTTP または HTTPS を使用したインストールの準備

  1. root で以下のコマンドを実行して httpd パッケージをインストールします。
    # yum install httpd
    HTTPS サーバーには追加設定が必要となります。詳細情報は、Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイドの SSL サーバーのセットアップ のセクションを参照してください。ただし、ほとんどのケースでは HTTPS は不要になります。これは、インストールソースとインストールプログラム間では機密データは送信されず、HTTP で十分なためです。

    警告

    Apache web サーバーの設定により SSL セキュリティーが有効になる場合は TLSv1 プロトコルのみを有効にし、SSLv2SSLv3 は必ず無効にしてください。これは POODLE SSL 脆弱性 (CVE-2014-3566) を回避するためです。詳細は https://access.redhat.com/ja/solutions/1232613 を参照してください。

    重要

    HTTPS を使用することにして、サーバーが自己署名証明書を使用している場合は、noverifyssl オプションを使ってインストールプログラムを起動する必要があります。
  2. Red Hat Enterprise Linux 7 の全バイナリー DVD ISO イメージを HTTP(S) サーバーにコピーします。
  3. mount コマンドを使ってバイナリー DVD ISO イメージを適切なディレクトリーにマウントします。
    # mount -o loop,ro -t iso9660 /path/to/image.iso /path/to/mount-point/
    ここでは /path/to/image.iso をバイナリー DVD ISO イメージに、/path/to/mount-point/ を ISO イメージのコンテンツを表示するディレクトリーへのパスに置き換えます。たとえば、この目的で /mnt/rhel7-install/ というディレクトリーを作成し、これを mount コマンドのパラメーターとして使用します。
  4. マウントされたイメージから HTTP サーバーの root にファイルをコピーします。
    # cp -r /mnt/rhel7-install/ /var/www/html/
    これでイメージのコンテンツが格納された /var/www/html/rhel7-install/ ディレクトリーが作成されます。
  5. httpd サービスを起動します。
    # systemctl start httpd.service
上記の手順を完了すると、インストールツリーへのアクセスが可能になり、インストールソースとして使用できるようになります。
インストール前またはインストール中にインストールソースを設定する場合は、http:// もしくは https:// のプロトコル、サーバーのホスト名または IP アドレス、ISO イメージからのファイルを保存したディレクトリー、HTTP サーバー root への相対パスを使用します。たとえば、HTTP を使用していて、サーバーのホスト名が myserver.example.com で イメージからのファイルを /var/www/html/rhel7-install/ にコピーしている場合、インストールソースを http://myserver.example.com:/rhel7-install/ と指定します。

手順2.6 FTP を使用したインストールの準備

  1. root で以下のコマンドを実行して vsftpd パッケージをインストールします。
    # yum install vsftpd
  2. オプションとして、テキストエディターで /etc/vsftpd/vsftpd.conf 設定ファイルを開き、変更するオプションを編集します。利用可能なオプションについては、vsftpd.conf(5) の man ページを参照してください。この手順の残りの部分では、デフォルトのオプションを使用していると仮定しています。この手順を行う場合は、FTP サーバーの匿名ユーザーにファイルのダウンロードを許可しておく必要があります。

    警告

    vsftpd.conf ファイルで SSL/TLS セキュリティーを設定している場合は TLSv1 プロトコルのみを有効にし、SSLv2SSLv3 は必ず無効にしてください。これは POODLE SSL 脆弱性 (CVE-2014-3566) を回避するためです。詳細は https://access.redhat.com/ja/solutions/1232613 を参照してください。
  3. Red Hat Enterprise Linux 7 の全バイナリー DVD ISO イメージを FTP サーバーにコピーします。
  4. mount コマンドを使ってバイナリー DVD ISO イメージを適切なディレクトリーにマウントします。
    # mount -o loop,ro -t iso9660 /path/to/image.iso /path/to/mount-point
    ここでは /path/to/image.iso をバイナリー DVD ISO イメージに、/path/to/mount-point を ISO イメージのコンテンツを表示するディレクトリーへのパスに置き換えます。たとえば、この目的で /mnt/rhel7-install/ というディレクトリーを作成し、これを mount コマンドのパラメーターとして使用します。
  5. マウントされたイメージから FTP サーバーの root にファイルをコピーします。
    # cp -r /mnt/rhel7-install/ /var/ftp/
    これでイメージのコンテンツが格納された /var/ftp/rhel7-install/ ディレクトリーが作成されます。
  6. vsftpd サービスを開始します。
    # systemctl start vsftpd.service
    /etc/vsftpd/vsftpd.conf 設定ファイルを変更する前から、このサービスがすでに実行されていた場合は、再実行して必ず編集後のファイルを読み込ませてください。再実行する場合は、次のコマンドを使用します。
    # systemctl restart vsftpd.service
上記の手順を完了すると、インストールツリーへのアクセスが可能になり、インストールソースとして使用できるようになります。
インストール前またはインストール中にインストールソースを設定する場合は、ftp:// のプロトコル、サーバーのホスト名または IP アドレス、ISO イメージからのファイルを保存したディレクトリー、FTP サーバー root への相対パスを使用します。たとえば、サーバーのホスト名が myserver.example.com でイメージからのファイルを /var/ftp/rhel7-install/ にコピーしている場合、インストールソースを ftp://myserver.example.com:/rhel7-install/ と指定します。

2.3.3.3. ネットワークベースのインストールを行う場合にファイアウォール設定で注意すべき事項

ネットワークベースのインストールソースを使用する場合、選択したプロトコルが使用するポートで着信接続を受け取れるよう必ずサーバーのファイアウォールを設定してください。各ネットワークベースのインストールに応じて開く必要のあるポートをそれぞれ以下の表に示します。

表2.1 ネットワークプロトコルが使用するポート

使用プロトコル開くべきポート
NFS204911120048
HTTP80
HTTPS443
FTP21
システムでのポートの開き方は使用するオペレーティングシステムやファイアウォールソフトウェアによって異なるため、詳しくはご使用のシステムまたはファイアウォールの製造元より提供されるマニュアルを参照してください。Red Hat Enterprise Linux 7 システムで特定のポートを開く方法については、『Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティーガイド』を参照してください。