23.4. キックスタート設定の例

23.4.1. 高度なパーティションの例

以下に、clearpartzerombrpartraidvolgroup、および logvol キックスタートオプションを使用した例を示します。

例23.6 高度なパーティションの例

clearpart --drives=hda,hdc
zerombr
# Raid 1 IDE config 
part raid.11 --size 1000 --asprimary --ondrive=hda 
part raid.12 --size 1000 --asprimary --ondrive=hda
part raid.13 --size 2000 --asprimary --ondrive=hda
part raid.14 --size 8000 --ondrive=hda
part raid.15 --size 16384 --grow --ondrive=hda   
part raid.21 --size 1000 --asprimary --ondrive=hdc
part raid.22 --size 1000 --asprimary --ondrive=hdc
part raid.23 --size 2000 --asprimary --ondrive=hdc
part raid.24 --size 8000 --ondrive=hdc
part raid.25 --size 16384 --grow --ondrive=hdc

# You can add --spares=x  
raid / --fstype xfs --device root --level=RAID1 raid.11 raid.21
raid /safe --fstype xfs --device safe --level=RAID1 raid.12 raid.22
raid swap --fstype swap --device swap --level=RAID1 raid.13 raid.23
raid /usr --fstype xfs --device usr --level=RAID1 raid.14 raid.24
raid pv.01 --fstype xfs --device pv.01 --level=RAID1 raid.15 raid.25

# LVM configuration so that we can resize /var and /usr/local later
volgroup sysvg pv.01
logvol /var --vgname=sysvg --size=8000 --name=var 
logvol /var/freespace --vgname=sysvg --size=8000 --name=freespacetouse
logvol /usr/local --vgname=sysvg --size=1 --grow --name=usrlocal
この高度な例では、RAID を使用した LVM や、将来的なデータの増加に応じてさまざまなディレクトリーのサイズを変更できる機能が実装されています。
まず、clearpart コマンドを使って hda および hdc のドライブを消去します。zerombr コマンドは、未使用のパーティションテーブルを初期化します。
次に 2 つのドライブにパーティション設定がなされ、RAID 設定の準備をします。各ドライブは 5 つのパーティションに分割され、同一のレイアウトでパーティション設定されます。
次の部分では、これらの物理パーティションのペアを使って RAID1 レベル (ミラーリング) で ソフトウェア RAID デバイスを作成します。最初の 4 つのRAID デバイスは、/ (root)、/safeswap および /usr に使用されます。5 番目の一番大きいパーティションは pv.01 と命名され、以下の部分で LVM 用の物理ボリュームとして使用されます。
最後のコマンドセットは、まずpv.01 物理ボリューム上に sysvg という名前のボリュームグループを作成します。次に、3 つの論理 ボリューム (/var/var/freespace および /usr/local) が作成され、sysvg ボリュームグループに追加されます。/var および /var/freespace ボリュームは 8 GB の決まったサイズで、/usr/local ボリュームは --grow オプションを使って利用可能な残りの領域すべてを満たします。