第22章 VNC を使用したインストール

Red Hat Enterprise Linux のインストール方法は、グラフィカルインストールインターフェースが推奨されます。ただし、グラフィカルインターフェースへの直接のアクセスが難しかったり不可能な場合もあります。多くのエンタープライズシステム、特にサーバー (IBM Power Systems および IBM System z) では、ディスプレイやキーボードへの接続機能がなく、手動によるインストール (キックスタート以外) を行うために VNC が不可欠となります。
ヘッドレスシステム (ディスプレイやキーボード、マウスが直接接続されていないシステム) 上での手動インストールを可能にするため、Anaconda インストールプログラムには Virtual Network Computing (VNC) インストールが含まれています。これにより、インストールプログラムのグラフィカルモードをローカルで実行しながら、ネットワーク接続した別のシステムに表示させることができるようになります。VNC を使用したインストールを行うと、ディスプレイや入力デバイスがない場合でもすべてのインストールオプションを選択することができます。
本章では、インストールを行うシステムで VNC モードを作動させ、VNC ビューアーを使ってこのシステムに接続を行う方法を説明しています。

22.1. VNC ビューアーのインストール

VNC を使ったインストールを行う場合、ワークステーションまたは別の端末コンピューター上で VNC ビューアーを実行しておく必要があります。VNC ビューアーはほとんどの Linux ディストリビューションのリポジトリに含まれています。また、Windows など他のオペレーティングシステムの場合にも無料 VNC ビューアーを入手していただくことができます。Linux システムの場合は、パッケージマネージャーを使ってディストリビューションのビューアーを検索します。
Red Hat Enterprise Linux では、以下の VNC ビューアーを利用できます。
  • TigerVNC - デスクトップ環境に依存しない基本的なビューアーです。tigervnc パッケージをインストールします。
  • Vinagre - GNOME デスクトップ環境のビューアーです。vinagre パッケージをインストールします。
  • KRDC - KDE デスクトップ環境に統合されているビューアーです。kdenetwork-krdc パッケージをインストールします。
上記のビューアーのいずれかをインストールするには、root で以下のコマンドを実行します。
# yum install package
package は使用するビューアーのパッケージ名 (tigervnc など) に置き換えてください。

注記

本章の手順では、VNC ビューアーに TigerVNC を使用していると仮定しています。他のビューアーの場合、手順が異なることがありますが全般的な原則は適用することができます。