第27章 初期設定 (Initial Setup)

新規の Red Hat Enterprise Linux システムを初めて開始した時に 初期設定 アプリケーションが起動します。初期設定 では、Red Hat Enterprise Linux ライセンス契約の同意、またインストール中にユーザーアカウントを作成していなかった場合はアカウントの作成が求められます。

重要

初期設定 アプリケーションは、インストール時に X Window System でインストールするシステムでのみ利用可能なものです。
初期設定のメイン画面

図27.1 初期設定のメイン画面

ライセンス契約 の画面では Red Hat Enterprise Linux の全契約条件が表示されます。
ライセンス契約条件の画面

図27.2 ライセンス契約条件の画面

設定のプロセスを続行するには、ライセンス契約に同意する必要があります。この手順を完了せずに Initial Setup を終了するとシステムが再起動されます。再起動後、再びライセンス契約の同意が求められます。
ライセンス契約をよくお読みいただいてから、ライセンス契約に同意します を選択し 完了 をクリックして続行します。
ユーザー作成 画面はインストール中のアカウント作成と同じものになります。詳細は、「ユーザーアカウントの作成」 を参照してください。
同様に、ネットワークとホスト名 の画面もネットワーク設定時に使用したものと同じものになります。詳細は、「ネットワークとホスト名」 を参照してください。
サブスクリプションマネージャー 画面では、ご使用のシステムを Red Hat に登録して、更新の受信と Red Hat が提供するリポジトリーから追加パッケージをインストールできるようになります。システムの登録方法については、「サブスクリプションマネージャー」 を参照してください。
準備が整ったら 設定の完了 をクリックしてシステムを登録し、初期設定 のプロセスを完了します。

注記

インストール中にオプションが設定済みになっていても、利用可能なオプションすべてを 初期設定 で表示するようにすることは可能です。これには、インストール開始時にキックスタートファイルを使用し、このファイルに以下のコマンドを含める必要があります。
firstboot --enable --reconfig
--reconfig オプションが、全オプションの表示を指定します。キックスタートインストールについての情報は、23章キックスタートを使ったインストール を参照してください。

注記

通常、初期設定 を閉じてシステムにログインしてしまうと、これに戻ることはできません。ただし、root で以下のコマンドを実行すると、次回再起動後のログインプロンプト表示前に初期設定を表示することができます。
# systemctl enable initial-setup-graphical.service
この後にシステムを再起動します。

27.1. サブスクリプションマネージャー

サブスクリプションマネージャー 画面では、ご使用のシステムを Red Hat に登録して、更新の受信とパッケージリポジトリーへのアクセスができるようになります。

注記

初期設定サブスクリプションマネージャー 画面は、Red Hat Enterprise Linux 7.1 以前のシステム登録に使用されていた Firstboot ツールに代わるものです。
サブスクリプションマネージャーの画面

図27.3 サブスクリプションマネージャーの画面

システムにインストールした製品 (オペレーティングシステム自体を含む) は サブスクリプション の対象になります。サブスクリプションサービスを使用して、登録したシステム、システムにインストールした製品、その製品に適用するためシステムに割り当てられているサブスクリプション、などを追跡します。Red Hat では、システムが登録可能な複数のサブスクリプションサービスを提供しています。
  • カスタマーポータルサブスクリプション管理。Red Hat がホストしているサービスです (デフォルト)。
  • Subscription Asset Manager。オンプレミスのサブスクリプションサーバーです。プロキシとして動作し、コンテンツ配信をカスタマーポータルのサービスに送信します。
  • CloudForms System Engine。オンプレミスのサービスです。サブスクリプションサービスとコンテンツ配信の両方を処理します。
サブスクリプションマネージャー 画面では、ほとんどのユースケースに適した基本的なインターフェースが提供されます。場合によっては、初期設定 にはないオプションが必要となる場合もあるかもしれません。その場合は、インストール後の登録プロセスを省略し、コマンドラインから サブスクリプションマネージャー を使用するか、グラフィカルインターフェースを提供する subscription-manager-gui パッケージを使用してください。
また、CloudForms System Engine を使用した登録などの登録シナリオでは、システムを登録する前に登録サーバーを準備する必要があることに注意してください。
システムを登録するには、画面の指示に従い、要求される認証情報を提供します。サブスクリプションマネージャー 画面を離れてメインの 初期設定 画面に戻るには、メインウィンドウの 戻る のボタンでなはく、画面左上にある 完了 ボタンを使用する必要があることに注意してください。
システム登録および管理用の各種ツールについてのドキュメンテーションは、Red Hat カスタマーポータルの Red Hat サブスクリプション管理 セクションを参照してください。また、Registration Assistant を使用して対話式で登録プロセスを進めることもできます。