第9章 IBM Power Systems へのインストール中にドライバーを更新する

ほとんどの場合、Red Hat Enterprise Linux にはシステムを構成するデバイス用のドライバーが既に含まれています。 しかし、 かなり最近にリリースされたハードウェアが搭載されている場合、 そのハードウェア用のドライバーはまだ含まれていない可能性があります。 新しいデバイスのサポートを提供するドライバー更新は Red Hat やハードウェアの製造元から ドライバーディスク の形で入手することができる場合があります。 ドライバーディスクには複数の RPM パッケージ が含まれています。 一般的に、 ドライバーディスクは ISO イメージファイル としてダウンロードすることができます。

重要

ドライバーの更新は、そのドライバーがないとインストールを正常に完了できない場合に限定してください。常に、カーネルに含まれるドライバーを他の方法で提供されるドライバーより優先させてください。
インストールプロセス中に新しいハードウェアが必要になることはあまりありません。たとえば、ローカルのハードドライブへのインストールにDVD を使用する場合は、ネットワークカード用のドライバーがなくてもインストールは成功します。このような場合、インストールを完了してから、その後に新しいハードウェアのサポートを追加します。サポート追加に関する詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド を参照してください。
しかし、インストール中にデバイスのドライバーを追加して特定の構成に対応する必要がある場合があります。たとえば、ネットワークデバイス用のドライバーやストレージのアダプターカードなどをインストールして、インストールプログラムがシステムで使用するストレージデバイスにアクセスできるようにしたい場合などです。こうしたサポートをインストール中に追加するには、次のいずれかの方法でドライバーディスクを使用します。
  1. インストールプログラムがアクセスできる場所に直接ドライバーディスクの ISO イメージファイルを配置します (ローカルのハードドライブ、USB フラッシュドライブ、CD、DVD など)。
  2. イメージファイルからドライバーディスクを作成します (CD、DVD、USB フラッシュドライブなど)。ISO イメージファイルの CD/DVD への書き込み方法などについては 「インストール CD または DVD の作成」 でインストールディスクの作り方を、USB ドライブへの書き込み方法に関しては 「インストール USB の作成」 を参照してください。
Red Hat、ハードウェアの製造元、 または信頼できるサードパーティなどによってインストール中のドライバー更新が必要であることが明示されている場合には、本章で説明している方法の中からいずれか適したものを選んで更新を実行してください。インストールの実行前に、ドライバー更新用ファイルを検証するようにしてください。逆に、本当にシステムにドライバー更新が必要であることが明らかでない場合、インストール中にドライバーは更新しないでください。システム上に対象外のドライバーが存在すると、サポートが複雑になる可能性があります。

9.1. インストール中にドライバーを更新するための準備

ハードウェア用のドライバー更新が必要で、その更新が利用可能になっている場合、通常、Red Hat やハードウェアの製造元など信頼できるサードパーティーから ISO 形式のイメージファイルが提供されます。ISO イメージを取得したら、ドライバー更新の実行に使用する方法を決める必要があります。
次のような方法があります。
ドライバーの自動更新
インストールを開始すると、接続されている全ストレージデバイスの検出が Anaconda インストールプログラムによって試行されます。インストール開始時に OEMDRV というラベルが付いたストレージデバイスが検出されると、Anaconda は常にこのデバイスをドライバー更新用ディスクと認識して、このデバイス上のドライバーの読み込みを試行します。
アシスト付きのドライバー更新
インストール開始時に inst.dd 起動オプションを指定することが可能です。パラメーターなしでこのオプションを使用すると、Anaconda によりシステムに接続されている全ストレージデバイスの一覧が表示され、ドライバー更新を含むデバイスを選択するよう求められます。
手動によるドライバー更新
インストール開始時に inst.dd=location 起動オプションを指定することが可能です。location にはドライバー更新用ディスクもしくは ISO イメージへのパスを入力してください。このオプションを指定すると、Anaconda は指定された場所にあるドライバー更新の読み込みを試行します。手動のドライバー更新では、ローカルで使用できるストレージデバイス、またはネットワーク上にある場所 (HTTPHTTPSFTP のいずれかのサーバー) を指定することができます。

注記

inst.dd=locationinst.dd を同時に使用することもできます。ただし、この場合の Anaconda の動作は、使用する location のタイプによって異なります。デバイスの場合は、Anaconda は指定されたデバイスから更新するドライバーを選択するようプロンプト表示され、新たなデバイスが提示されます。location がネットワークの場合は、Anaconda はドライバー更新を含んでいるデバイスを選択するようプロンプトが出され、指定されたネットワークの場所からドライバーの更新ができるようになります。
ドライバーの自動更新の方法を使用する場合は、OEMDRV というラベルが付いたストレージデバイスを作成し、インストールするシステムに物理的に接続しておく必要があります。アシスト付きのドライバー更新の方法を使用する場合は、OEMDRV 以外のラベルならローカルのいずれのストレージデバイスを使用しても構いません。手動によるドライバー更新の方法を使用する場合は、OEMDRV 以外のラベルならローカルのいずれのストレージを使用しても構いません。また、インストールするシステムからアクセスが可能なネットワーク上の場所を使用することもできます。

重要

ネットワーク上の場所からドライバー更新を読み込む際は、ip= オプションを使って必ずネットワークを初期化してください。詳細は 「ブートメニューでインストールシステムを設定する」 を参照してください。

9.1.1. ドライバー更新用の ISO ファイルをローカルのストレージデバイスで使用するための準備

ハードドライブや USB フラッシュドライブなど、ローカルのストレージデバイスを使って ISO ファイルを提供する場合は、デバイスに適切なラベルを付けることでインストールプログラムがデバイスを自動的に認識するようにできます。これができない場合に限り、以下のように手動でドライバー更新をインストールしてください。
  • インストールプログラムに自動的にドライバーディスクを認識させるため、ストレージデバイスのボリュームラベル名を OEMDRV にします。また、ISO イメージ自体をコピーするのではなく、その内容をストレージデバイスの root ディレクトリーに抽出します。「ドライバーの自動更新」 を参照してください。OEMDRV というラベルが付いたデバイスからのドライバーのインストールの方が手動によるインストールより常に優先され、また推奨されています。
  • 手動によるドライバー更新の場合は、ストレージデバイスに ISO イメージを単一ファイルとしてコピーするだけです。ファイル名の変更は可能ですが、ファイル名の拡張子は変更せず .iso のままにしておいてください (dd.iso など)。インストール中にドライバー更新を手動で選択する方法については、「アシスト付きのドライバー更新」 を参照してください。

9.1.2. ドライバー更新用の ISO ファイルを CD または DVD に書き込み更新用ディスクを準備

CD または DVD にドライバー更新用ディスクを作成することができます。イメージファイルをディスクへ書き込む方法については 「インストール CD または DVD の作成」 を参照してください。
ドライバー更新用ディスクの CD または DVD を作成したら、そのディスクが正常に作成されたか確認します。 システムにディスクを挿入し、ファイルマネージャーで閲覧します。rhdd3 というファイルが 1 つと rpms というディレクトリーが 1 つ見えるはずです。rhdd3 の方はドライバーディスクの詳細が記載されているシンプルな署名ファイルです。各種アーキテクチャー用の実際のドライバーの RPM パッケージを収納しているのは rpms の方になります。
末尾が .iso のファイルが 1 つしかない場合は、ディスクが正しく作成されていないので作成し直してください。GNOME 以外の Linux デスクトップや Linux 以外のオペレーティングシステムを使用している場合は、イメージの書き込み などのオプションを選択しているか確認してください。