第1章 Pacemaker を使用した Red Hat High Availability クラスターの作成

本章では、pcs コマンドを使用して 2 ノードの Red Hat High Availability クラスターを作成する手順を説明します。クラスターの作成後、必要なリソースやリソースグループを設定できます。
本章で説明しているクラスターを設定する場合には次のコンポーネントが必要になります。
  • 2 ノード、クラスターを構成させるノードです。ここでは z1.example.comz2.example.com という名前にしています。
  • プライベートネットワーク用のネットワークスイッチ、クラスター同士の通信およびネットワーク電源スイッチやファイバーチャンネルスイッチなどのクラスターハードウェアとの通信に必要になります。
  • 各ノード用の電源フェンスデバイス、ここでは APC 電源スイッチの 2 ポートを使用しています。ホスト名は zapc.example.com にしています。
本章は 3 つの項に分かれています。

1.1. クラスターソフトウェアのインストール

クラスターのインストールおよび設定手順を以下に示します。
  1. クラスターの各ノードに、Red Hat High Availability Add-On ソフトウェアパッケージと使用可能なすべてのフェンスエージェントを High Availability チャンネルからインストールします。
    # yum install pcs pacemaker fence-agents-all
  2. firewalld デーモンを実行している場合は、以下のコマンドを実行して Red Hat High Availability Add-On が必要とするポートを有効にします。

    注記

    firewalld デーモンがシステムにインストールされているかどうかを確認するには、rpm -q firewalld コマンドを実行します。firewalld デーモンがインストールされている場合は、firewall-cmd --state コマンドを使用して実行されているかどうかを確認できます。
    # firewall-cmd --permanent --add-service=high-availability
    # firewall-cmd --add-service=high-availability
  3. pcs を使ってクラスターの設定やノード間の通信を行うため、pcs の管理アカウントとなるユーザー ID hacluster のパスワードを各ノードに設定しなければなりません。ユーザー hacluster のパスワードは各ノードで同じパスワードにすることを推奨しています。
    # passwd hacluster
    Changing password for user hacluster.
    New password:
    Retype new password:
    passwd: all authentication tokens updated successfully.
  4. クラスターを設定する前に、各ノードで起動時にブートするよう pcsd デーモンが起動および有効化されている必要があります。このデーモンは pcs コマンドで動作し、クラスターのノード全体で設定を管理します。
    クラスターの各ノードで次のコマンドを実行し pcsd サービスを起動、またシステムの起動時に pcsd が有効になるよう設定します。
    # systemctl start pcsd.service
    # systemctl enable pcsd.service
  5. pcs を実行するノードでクラスター内の各ノードの pcs ユーザー hacluster を認証します。
    次のコマンドでは、z1.example.comz2.example.com の 2 ノードで構成されるクラスターの両ノードに対してユーザー hacluster の認証を z1.example.com 上で行っています。
    [root@z1 ~]# pcs cluster auth z1.example.com z2.example.com
    Username: hacluster
    Password:
    z1.example.com: Authorized
    z2.example.com: Authorized