8.3.2. slapd 設定を変換する

この例では、古い slapd 設定から変換するファイルが /etc/openldap/slapd.conf にあり、OpenLDAP 設定の新しいディレクトリーは /etc/openldap/slapd.d/ にあると仮定しています。
  • 新しいディレクトリーの /etc/openldap/slapd.d/ の内容を削除します。
    # rm -rf /etc/openldap/slapd.d/*
  • slaptest を実行して設定ファイルの有効性をチェックし、新しい設定ディレクトリーを指定します。
    slaptest -f /etc/openldap/slapd.conf -F /etc/openldap/slapd.d
  • 新しいディレクトリーでパーミッションを設定します。
    chown -R ldap:ldap /etc/openldap/slapd.d
    chmod -R 000 /etc/openldap/slapd.d
    chmod -R u+rwX /etc/openldap/slapd.d
  • サービスが新しい設定ディレクトリー内で機能していることを確認してから、古い設定ファイルを削除します。
    rm -rf /etc/openldap/slapd.conf