4.17. Cron

4.17.1. Vixie cron と Cronie

Red Hat Enterprise Linux 6 には vixie-cron の代替として cronie パッケージが含まれています。これらのパッケージの主な違いは、定期的なジョブ (毎日、毎週、毎月) の実行方法にあります。Cronie は /etc/anacrontab ファイルを使用します。 このファイルのデフォルト状態を以下に示します。
# the maximal random delay added to the base delay of the jobs
RANDOM_DELAY=45

# the jobs will be started during the following hours only
START_HOURS_RANGE=3-22

# period in days   delay in minutes   job-identifier   			command

1			5		cron.daily	nice run-parts	/etc/cron.daily
7			25		cron.weekly	nice run-parts	/etc/cron.weekly
@monthly		45		cron.monthly	nice run-parts	/etc/cron.monthly
これらの定期的なジョブはランダム遅延を含め 03:00 から 22:00 の時間帯で毎日一回実行されます。 例えば、 cron.daily は 5 分の強制遅延とそれに加えて 0 分から 45 分のランダム遅延があります。 4 時から 5 時の間で遅延なくジョブを実行することもできます。
RANDOM_DELAY=0 # or do not use this option at all

START_HOURS_RANGE=4-5

# period in days   delay in minutes   job-identifier   			command
1			0		cron.daily	nice run-parts	/etc/cron.daily
7			0		cron.weekly	nice run-parts	/etc/cron.weekly
@monthly		0		cron.monthly	nice run-parts	/etc/cron.monthly
cronie の機能を以下に示します。
  • /etc/anacrontab 内でのジョブ開始のランダムな遅延が可能です。
  • 定期的なジョブの時間幅を /etc/anacrontab で定義することができます。
  • 各 cron テーブルに CRON_TZ 変数を付けそれ自体に定義したタイムゾーンを持たせることができます。
  • デフォルトでは cron デーモンは inotify でテーブル内の変更をチェックします。
croniecronie-anacron の詳細については Red Hat Enterprise Linux 導入ガイドを参照してください。