4.4. Apache HTTP Server

Red Hat Enterprise Linux 6 への移行の際、 注意すべき Apache HTTP Server の違いについて以下に示します。
  • mod_file_cachemod_mem_cachemod_imagemap のモジュールには対応しなくなります。
  • Charset=UTF-8 オプションがデフォルトの IndexOptions ディレクティブに追加されています。UTF-8 以外の文字セットによるディレクトリー表示を必要とする場合には (mod_autoindex で生成されるものなど)このオプションを変更する必要があります。
  • distcache で配信されるセッションキャッシュは mod_ssl では対応しなくなります。
  • プロセス ID (pid) のデフォルトの位置が /var/run から /var/run/httpd に移動しています。
  • mod_python パッケージはアップストリームでの開発が中止されたため同梱されなくなります。 Red Hat Enterprise Linux 6 では代替として mod_wsgi を同梱させ、 WSGI インターフェースによる Python スクリプト記述に対応します。