1.2. アプリケーションの互換性

Red Hat Enterprise Linux の本リリースでは、 旧バージョンでの実行を目的として設計されているアプリケーションを最小限の調整で引き続き実行することができるよう依存性を提供しています。このため、本リリースと旧バージョン間で変更された可能性のあるレガシーなインターフェースを維持するために重要となるライブラリーの旧バージョンが収納されています。これらのライブラリーは C/C++ で記述されたアプリケーションの依存関係を解決することが主な目的です。
マイナーリリースが異なる場合はアプリケーションの再テストや再認定を行う必要はありません。Red Hat Enterprise Linux リリースの任意のバージョンで実行しているアプリケーションはそのリリースの耐用年数の期間中は継続的に実行できることを Red Hat Enterprise Linux の互換性ポリシーで保証しています。例えば、Red Hat Enterprise Linux 6.0 で認定されたアプリケーションは Red Hat Enterprise Linux 6.1 などのすべてのマイナーリリースでも完全互換となります。
互換性パッケージの詳細は以下の表を参照してください。

表1.1 互換性ライブラリー

パッケージ説明
compat-dbBerkeley DB データベース互換性ライブラリーです。Berkeley Database (Berkeley DB) はプログラム型のツールキットで従来のアプリケーションおよびクライアント/サーバー型アプリケーションのいずれに対しても組込み型のデータベースサポートを提供します。このパッケージには、旧リリースに収納されていた Berkeley DB の各種バージョンが含まれています。
compat-expat1Expat はストリーム指向の XML 構文解析ツールです。このパッケージは旧バージョンとのライブラリー互換性を提供します。
compat-glibcglibc はシステムコールやその他の基本的な機能に使用される C ライブラリーです。 旧式の glibc バージョンを必要とするバイナリーのコンパイルに互換性 (およびランタイムライブラリー) を提供し、Red Hat Enterprise Linux の本リリースで実行できるようにします。
compat-libf2c-34このパッケージは、 Fortran 77 共有ライブラリーの旧バージョンを提供します。動的にリンクされた Fortran 77 プログラムの実行に必要となります。
compat-libgcc-296GCC の旧バージョンとの互換性を維持するため 2.96 libgcc.a ライブラリーとサポートオブジェクトファイルが収納されています。
compat-libgfortran-41このパッケージには GCC 4.1.x でコンパイルした Fortran アプリケーションとの互換性に要される Fortran 95 ランタイムライブラリーが含まれています。
compat-libstdc++-295GNU 標準 C++ ライブラリーのバージョン 2.95 との互換性を提供します。
compat-libstdc++-296GNU 標準 C++ ライブラリーのバージョン 2.96 との互換性を提供します。
compat-libstdc++-33GNU 標準 C++ ライブラリーのバージョン 3.3 との互換性を提供します。
compat-libtermcapこのパッケージは termcap ベースの旧式プログラム用の互換性を提供します。
compat-openldapOpenLDAP は LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) アプリケーションおよび開発ツールセットのオープンソース版です。compat-openldap パッケージには OpenLDAP 共有ライブラリーの旧バージョンが含まれています。このパッケージは一部のアプリケーションで時々必要とされることがあります。
openssl098eOpenSSL 0.98e を提供します。一部の SSL アプリケーションで必要とされることがあります。