2.2.2.5. 構文の変更

中核となるキックスタート構文への変更は非常に稀ですが、 知っておくべき重要な構文の変更が 2 つあります。
  • %include オプションはファイル名の他にも URL を引数として受け取ることができるようになります。
  • %packages%post%pre%traceback などのセクションには %end セクションは必要ありません。%end セクションが含まれていないと非推奨の警告が表示されますがスクリプトはそのまま続行されます。