2.2.2.7. pykickstart

pykickstart パッケージには、 移行を容易にすることができるユーティリティが含まれています。 最新のパッケージがインストールされていることを確認してください。 ksverdiff コマンドは開始と終了の構文バージョンを受け取り、 2 種類のバージョンで異なるコマンドとオプションを報告します。 「新規」、 「非推奨」、 「削除済み」のコマンドとオプションを示します。 例えば、
$ ksverdiff --from RHEL5 --to RHEL6

The following commands were removed in RHEL6:
langsupport mouse key

The following commands were deprecated in RHEL6:
monitor

The following commands were added in RHEL6:
sshpw group rescue updates fcoe
...
ksvalidator コマンドを使用すると、 キックスタートファイルの有効性をチェックすることもできます。 このコマンドはファイルの有効性を指定したキックスタート構文のバージョンに対してチェックします。 ただし、 part --ondisk=sdr を指定したがそのようなデバイスは存在しないなど、 インストール時にしか発生しない問題については通知できません。 使用例を示します。
$ ksvalidator --version RHEL6 my-rhel5-ks.cfg