2.2.2.3. パッケージの変更

これらの変更は %packages セクションに影響します。
  • --ignoreDeps--resolveDeps の引数は削除されています。 Anaconda は自動的に依存関係を解決します。 ただし、 依存関係を満たさないパッケージのインストールは省略されます。
  • すべてデフォルトの設定でインストールを行うデフォルトの GUI インストールと全く同じパッケージセットをキックスタートでインストールさせたい場合は以下を追加します。
    %packages --default
    %end
  • また、 オプションとして複数アーキテクチャのインストール用にインストールしたいパッケージのアーキテクチャを指定することもできます。 例えば、
    %packages
    glibc.i686
    %end
    これによりパッケージセットに x86 の glibc パッケージが追加されることになります。 互換上 x86 のパッケージを必要とする x86-64 システムで役に立ちます。
  • %packages セクションの全てのパッケージとグループを監査して移行することはできません。 一部のパッケージやグループは削除されていたり、 追加されていたり、 また名前がへんこうされているものもあります。 詳細についてはリリースノートを参照してください。