第4章 ネットワーク設定とサービス

4.1. インターフェースと設定

NetworkManager
ネットワークインターフェースを設定する際、Red Hat Enterprise Linux 6 では NetworkManager が使用されますが、ネットワーク設定ツールの system-config-networksystem-config-network-tuisystem-config-network-cmd なども収納されています。
Infiniband
Infiniband サポート (特に openib 開始スクリプトと openib.conf ファイル) は Red Hat Enterprise Linux 5 では openib パッケージによって提供されていました。このパッケージ名はその機能をより正確に反映するために Red Hat Enterprise Linux 6 で変更されています。Infiniband 機能は rdma パッケージ内で配布されるようになります。 そのサービスは rdma と言う名前になり、 設定ファイルは /etc/rdma/rdma.conf に配置されます。
biosdevname
biosdevname はカーネルデバイス名を引数として受け取ると BIOS で割り当てられたデバイス名を返します。デバイスの BIOS 名が直接あるいは確実にカーネル名にマッピングされないようなシステムで役に立ちます。biosdevname の使用は BIOS でデバイス名の割り当てが提供されるシステムやアーキテクチャーに限ってください。biosdevname ベースの命名をアクティブにするにはインストール時に biosdevname=1 を渡します。