8.8. RSA および DSA キーの生成に関する変更点

Red Hat Enterprise Linux 6 の通常の操作では RSA および DSA キー生成に関するサイズの規制はありません。Red Hat Enterprise Linux 6 を FIPS モードで稼働する場合には制限が適用されます。
Red Hat Enterprise Linux 6.6 以降、 FIPS モードでのキー生成動作は OPENSSL_ENFORCE_MODULUS_BITS の環境変数で指定されることになります。
FIPS モードが使用され OPENSSL_ENFORCE_MODULUS_BITS 環境変数が設定されている場合は生成できる RSA および DSA キーは 2048 ビットまたは 3072  ビットのみになります。
OPENSSL_ENFORCE_MODULUS_BITS 環境変数を設定していない場合はキー生成の動作は Red Hat Enterprise Linux 6 の旧リリースと変わらず、1024  ビット以上の RSA キーおよび 1024  ビット、2048 ビット、3072  ビットの DSA キーを作成することができます。