4.8. SNMP

Red Hat Enterprise Linux 6.4 およびそれ以前では、Net-SNMP の設定ファイルはシステム上の全ユーザーに対して読み取り可能で収納されていました。設定ファイルにはパスワードなど機密情報が格納される可能性があるため、 Red Hat Enterprise Linux 6.5 から設定ファイルは root ユーザーにしか読み取りできないようになります。
この変更は SNMP 設定ファイルの /etc/snmp/snmpd.conf にアクセスを試行するユーザーのスクリプトに影響します。