前書き

1. 本書の表記規則

本ガイドでは、一部の単語や語句を強調して、特定の情報に対する読者の注意を促すために、以下のような表記規則を採用しています。

1.1. 書体の表記規則

本ガイドでは、特定の単語や語句に対する注意を促すために、4 つの書体表記規則を採用しています。これらの表記規則および適用される状況は、以下のとおりです。
太字の等幅フォント
シェルコマンド、ファイル名、パスなど、システムへの入力を強調するために使用します。また、キー名やキーの組み合わせを強調するのにも使用します。以下が例となります。
作業ディレクトリ内の my_next_bestselling_novel というファイルの内容を表示するには、シェルプロンプトで cat my_next_bestselling_novel というコマンドを入力して Enter キーを押し、そのコマンドを実行します。
上記の例には、ファイル名、シェルコマンド、キー名が含まれており、すべて太字の等幅フォントで表示されていますが、文脈で区別することができます。
キーの組み合わせは、プラス記号 (+) で各キーがつながれているので、個別のキーと区別することができます。以下が例となります。
Enter を押してコマンドを実行します。
Ctrl+Alt+F2 を押して仮想ターミナルに切り替えます。
第 1 の例では、押すべき特定のキー名が強調されています。第 2 の例では、3 つのキーを同時に押す、キーの組み合わせが強調されています。
ソースコードを記載する場合、その段落で言及されるクラス名、メソッド、関数、変数名、戻り値は上記のように 太字の等幅フォント で表示されます。以下が例となります。
ファイル関連のクラスには、filesystem (ファイルシステム)、file (ファイル)、dir (ディレクトリ) などがあります。各クラスにそれぞれ独自のパーミッションセットが関連付けられています。
太字の可変幅フォント
この書体は、アプリケーション名、ダイアログボックスのテキスト、ラベル付きボタン、チェックボックス/ラジオボタンのラベル、メニュータイトル、サブメニュータイトルなど、システムで表示される単語や語句であることを示します。以下が例となります。
メインメニューバーから システム設定マウス の順で選択し、マウスの設定 を起動します。全般 タブで 左利き のラジオボタンを選択して 閉じる をクリックし、マウスの主ボタンを左から右へ切り替えます (左利きのユーザーが使用するのに適切な設定に変更します)。
gedit ファイルに特殊文字を入力するには、メインのメニューバーから アプリケーションアクセサリ文字マップ の順に選択します。次に 文字マップ のメニューバーから 検索検索… の順に選択して 検索フィールドに文字名を入力し、次を検索 をクリックします。検索対象の文字が 文字テーブル に強調表示されます。その文字をダブルクリックして コピーする文字列 のフィールドに表示されたら、コピー ボタンをクリックします。この後に編集中のドキュメントに戻り、gedit のメニューバーから 編集貼り付け の順で選択します。
上記のテキストには、アプリケーション名、システム全体のメニュー名と項目、アプリケーション固有のメニュー名、GUI インターフェースで使用されているボタンおよびテキストが含まれており、これらはすべて、太字の可変幅フォントで表示されていますが、文脈で区別することができます。
太字斜体の等幅フォント または 太字斜体の可変幅フォント
太字の等幅フォントおよび太字の可変幅フォントに斜体を使用した場合には、いずれも置き換え可能な可変テキストであることを意味します。斜体は、記載されている通りには入力しないテキスト、あるいは状況によって変化するテキストを示します。以下が例となります。
ssh を使用してリモートマシンに接続するには、シェルプロンプトで ssh username@domain.name と入力します。リモートマシンが example.com で、そのマシン上のユーザー名が john である場合には、ssh john@example.com と入力してください。
mount -o remount file-system のコマンドは、指定したファイルシステムを再マウントします。たとえば、/home ファイルシステムを再マウントするコマンドは mount -o remount /home となります。
現在インストール済みのパッケージのバージョンを確認するには、rpm -q package のコマンドを使用します。その結果、次のような出力が返されます: package-version-release
ユーザー名、ドメイン名、ファイルシステム、パッケージ、バージョン、およびリリースが太字のイタリック体で表示されている点に注意してください。これらの語句はプレースホルダーで、コマンドを発行する際に入力するテキストまたはシステムによって表示されるテキストのいずれかです。
斜体は、著作物のタイトルを表すという標準的な用途の他に、重要な用語の初出時にも使用されます。以下が例となります。
Publican は DocBook の出版システムです。

1.2. 引用文の表記規則

端末の出力とソースコードは、周囲のテキストとは視覚的に区切られて表示されます。
端末に送信される出力は、ローマン体の等幅フォント を使用して以下のように表示されます。
books        Desktop   documentation  drafts  mss    photos   stuff  svn
books_tests  Desktop1  downloads      images  notes  scripts  svgs
ソースコードの表示にも ローマン体の等幅フォント が使用されますが、以下のような構文強調表示が追加されます。
static int kvm_vm_ioctl_deassign_device(struct kvm *kvm,
                 struct kvm_assigned_pci_dev *assigned_dev)
{
         int r = 0;
         struct kvm_assigned_dev_kernel *match;

         mutex_lock(&kvm->lock);

         match = kvm_find_assigned_dev(&kvm->arch.assigned_dev_head,
                                       assigned_dev->assigned_dev_id);
         if (!match) {
                 printk(KERN_INFO "%s: device hasn't been assigned before, "
                   "so cannot be deassigned\n", __func__);
                 r = -EINVAL;
                 goto out;
         }

         kvm_deassign_device(kvm, match);

         kvm_free_assigned_device(kvm, match);

out:
         mutex_unlock(&kvm->lock);
         return r;
}

1.3. 注記および警告

本ガイドでは、見落としがちな情報に注意を促すために、次にあげる 3 つの視覚的スタイルを使用しています。

注記

注記には、対象のタスクに関するヒント、ショートカット、その他のアプローチなどを記載しています。注記を無視しても、悪影響はありませんが、作業を効率的に行うためのコツを見逃してしまう可能性があります。

重要

重要の欄には、現行セッションのみに適用される設定の変更や、更新を適用するのに再起動が必要なサービスなど、見落としがちな情報を記載しています。「重要」と記載された事項を無視しても、データ損失などには至りませんが、作業が思ったようにスムーズに進まなくなる可能性があります。

警告

警告は、無視しないでください。警告を無視すると、データ損失が発生する可能性が非常に高くなります。