10.2. インストール開始時の問題

10.2.1. グラフィカルインストールでの起動に関する問題

一部のビデオカードには、グラフィカルインストールプログラムでの起動に問題があるものがあります。インストールプログラムはデフォルト設定で実行できない場合、低解像度モードでの実行を試行します。それでも失敗する場合はテキストモードでの実行を試行します。
考えられる解決策のひとつとして、インストール中は基本のビデオドライバーしか使用しない方法です。起動メニューで Install system with basic video driver を選択するか、ブートプロンプトで xdriver=vesa 起動オプションを使用します。または、resolution= 起動オプションを使って特定の解像度の使用をインストーラーに強制することもできます。ノート型パソコンユーザーにはこの方法が一番役に立つでしょう。別の解決策として driver= オプションを使ってビデオカード用にロードされるドライバーを指定する方法です。この方法で解決した場合はインストーラーによるビデオカードの自動検出が失敗していますのでバグとして報告してください。起動オプションについては 28章起動オプション を参照してください。

注記

フレームバッファのサポートを無効にしてインストールプログラムのテキストモードでの実行を許可する場合は nofb 起動オプションを使用してみてください。このコマンドは画面の読み込みを行うハードウェアによるアクセスに必要となる場合があります。