6.3.3. Yum 変数の使用

yum コマンド及びすべての Yum 設定ファイル内にある以下の組み込み変数を使用/参照することができます (つまり /etc/yum.conf 及び /etc/yum.repos.d/ ディレクトリ内のすべての .repo ファイル):
$releasever
この変数を使用すると、Red Hat Enterprise Linux のリリースバージョンを参照することができます。Yum は /etc/yum.conf 設定ファイルにある distroverpkg=value の行より $releasever の値を取得します。/etc/yum.conf にそのような行がない場合は、yumredhat-release パッケージよりバージョン番号を取得することで、正しい値を導きます。
$arch
この変数を使用して、Python の os.uname() 機能を呼び出す時に返り値としてシステムの CPU アーキテクチャーを参照できます。$arch の有効な値は、i586i686x86_64 です。
$basearch
$basearch を使用すると、システムのベースアーキテクチャーを参照できます。例えば、i686 及び i586 両マシンは i386 のベースアーキテクチャーを持っており、AMD64 及び Intel64 マシンは x86_64 のベースアーキテクチャーを持っています。
$YUM0-9
これら 10 個の変数は、同じ名前を持つシェル環境変数の値とそれぞれ置換されます。これら変数のいずれかが (例えば /etc/yum.conf で) 参照され、同じ名前を持つシェル環境変数が存在しない場合は、設定ファイルの変数は置換されません。
カスタム変数の定義、既存の変数値の上書きを行うには、/etc/yum/vars/ ディレクトリ内に変数と同じ名前を持つファイルを作成して ($ 記号はなし) 、1 行目に希望する値を追加します。
例えば多くの場合、リポジトリの詳細にはオペレーティングシステムの名前が含まれます。$osname と呼ばれる新しい変数を定義するには、1 行目に Red Hat Enterprise Linux の名前を持つ新しいファイルを作成して、/etc/yum/vars/osname として保存します:
~]# echo "Red Hat Enterprise Linux" > /etc/yum/vars/osname
.repo ファイルでは、Red Hat Enterprise Linux 6 の代わりに以下を使用することができます:
name=$osname $releasever