第28章 キックスタートインストール

28.1. キックスタートインストールとは

多くのシステム管理者は、担当マシン上に Red Hat Enterprise Linux をインストールするのに自動化した インストールメソッドの使用を好みます。このニーズに応えるため、Red Hat は キックスタートインストールメソッドを確立しています。キックスタートを使用すると、 システム管理者は、通常標準的なインストールで問われる全ての質問への答えを含んだ 単独ファイルを作成することができます。
キックスタートファイルは 1つのサーバーシステムに保管され、インストール時点に個別の コンピュータにより読み込まれます。このインストールメソッドは 1つのキックスタートファイルを 使用して、複数のマシン上に Red Hat Enterprise Linux をインストールすることができます。これがネットワーク管理者と システム管理者の為に理想的なメソッドとなる理由です。
キックスタートはユーザーに Red Hat Enterprise Linux インストールの自動化手段を提供します。